賢人パズル

全て
この記事は約2分で読めます。

賢人パズル

どんなおもちゃ?

対象年齢3歳以上です。
いろんな形をしたブロックがキレイに色分けされています。
そのブロックを見本を見ながら徐々に組み立てて行き、最終的に正六面体(サイコロ型)にする遊びです。
レベルは✩で表記され、✩~✩✩✩となります。
徐々にヒントの数が減っていき最終的にヒント1つで最後まで組み立てていく遊びです。
似たような商品は幾つかありますが、視覚的な構成課題としても優れていると思います。
実際に組立を子供の促すとカラフルなブロックが子どもの関心を引きつけやすい様子が見て取れます。



視覚的な情報取得が苦手なお子さんに

見本を見て立体を組み立てる為、視覚的な情報取得が苦手な子どもにとっても有用な課題となります。

成功体験を獲得したい

分からなくなってしまった時にどこで間違えた確認する事ができる。
またしっかりと答え(答えの見本)がある為、どうやったら完成にたどり着けるか確認できる。

衝動や多動傾向の大きいお子さんに

AD/HDやASDといった特性をお持ちのお子さんに対しても
見本を見て、作品を作る工程を経て完成に至る体験、完成までをイメージして段取りを考える訓練として用いる事ができます。
どんな段取りで終わるのかを先に理解できることで取り組み全体に改善がみらる事も多く見られます。

まとめ

特に視覚、構成などの情報取得や表出だけでなく、段階や段取り、見直しの重要性などの経験を遊びから学ぶことのできるおもちゃとなります。
感覚統合の第2~3段階の遊びと言えますのでこれが苦手な場合は、全身運動に立ち返る必要があるかも知れませんね。
ここに、交互にやるなどのルールを加えて行くことで第4段階の遊びにする事も当院では行っております。
見本があり、視覚化(みえるか)されている遊びは非常に有用だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました